東京の西もTOKYO

西東京市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

群魔の空 第一話 ~俺の2008年終了のお知らせ~

 テストは終わった。いくつか単位の取りこぼしがあるものの、もう今回のようにテストに追われることはもうないだろう。そう考えると、なかなか感慨深いものだ・・・そんなことを思いながら、テストをやり遂げたというほんの少しの達成感とともに、これから所属する研究室の先輩のもとへ向かったのだった。そして、絶望が幕を開けた。
「これから、2日おきにこの作業を行ってね。」
先輩のこの言葉が何を意味するのか、俺は暫く理解することができなかった。いや、理解できなかったわけじゃない、理解することを自ら拒んだのだろう。
 そう、俺はこれから一年間、必ず2日おきに学校に行かなくてはならなくなったのだ。もちろんそれが休日であろうと祝日であろうとだ。そしてそれは、この群魔の地に1年間縛り付けられることを意味する。
いずれこうなることを覚悟はしていた。しかし、あまりにも早すぎる・・・・・・ショックのせいで俺はその後の先輩の言葉をなにひとつ覚えていなかった。
 こうして、友人たちが次々と故郷へ帰省していくなか一人群魔の地で過ごす、人生最悪の春休みがはじまった。

つづく

スポンサーサイト
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。